Google
 
Web このブログ

2005年12月15日

12月のMS月例パッチ

1日遅れの話題ですが、14日に12月度のMSセキュリティパッチが公開されました。
緊急1件 重要1件 

1)緊急:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (905915) (MS05-054)

2)重要:Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (908523) (MS05-055)

  ◇Microsoft Security ホーム - 今月のセキュリティ情報
  ◇絵でみるセキュリティ情報(一般向け)
  ◇セキュリティ情報検索(管理者向け)

 

 
 ◇MS、12月の月例パッチを公開--ソニーBMGの「rootkit」問題に関するものも - CNET Japan

MS05-054は、こちらで指摘されていた脆弱性へのフィックス。
キケンですから、パッチ適用を忘れずにです。


今回の月例パッチは、ソニーのコピー防止機能「XCP」のRootkit問題にも対応済み。

12月版の悪意のあるソフトウェアの削除ツールでは、XCPに含まれるF4IRootkitが駆除対象となっています。

また、XCPのアンインストーラーにも脆弱性がありますが、
この問題もMS05-054を適用すると解消されます。
(アンインストール用のActiveXコントロールにKillBitを設定するようです)


自社が提供したソフトを、MSに駆除されてしまうソニーもたいがい情けないですな、、、
よい製品をたくさん生み出して、信頼回復してくださいね。


おっと、今回のパッチ適用で、SUS(Software Update Services)に問題が出るらしいです。
毎度ながら、こちらも情けないですな、、、、
 ◇ITmedia エンタープライズ:Microsoftの最新パッチ不具合でSUSに支障
 ◇2005 年 12 月 12 日 (米国日付) より後に、 SUS 1.0 SP1 Server を Windows Update と同期すると、以前に許可された更新プログラムが許可されなくなる場合がある


このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ


posted by Picaso at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | Microsoft *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


MS、12月の月例パッチ公開
Excerpt: 予告通り、12月の月例セキュリティパッチが公開されました。 今月のパッチは2件。
Weblog: DEJA VU
Tracked: 2005-12-17 10:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。