Google
 
Web このブログ

2006年01月02日

Windowsの20年

20年前。
当時学生だった私は、世にWindowsなどという製品がある事も知らず、
ましてや、Windowsが生活の糧を稼ぐ道具になるとは夢にも思わなかったわけですが。

 ◇【特集】Windowsの20年 - その足跡のすべて、そしてVistaへ
 
歴代Windowsのスクリーンショットを懐かしく味わえます。
1.0なんてファミコンゲームのタイトルかと。w
(赤色だったらMOTHERですな)

自分が(そして多くの人が)使ったのはWin3.1からです。
あの頃はアプリ1つ起動するにも時間がかかり、待ち時間に思考したり、おしゃべりしたり、サボったり、、、のどかでした。^^;

各バージョンの頃にやっていた仕事を振り返るのも、また懐かしく。。。。
いや、無意味にトラウマを呼び起こすのはやめておきましょうか。

このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ


posted by Picaso at 00:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | Microsoft *
この記事へのコメント
うわぁ…もう20年になるんですね…
仕事の現場にWindowsが入ったのはやはり3.1からですが、日本語の使えるソフトが碌なのなくて向こう産のソフトに「CodeView」(懐かしい??)でバイナリパッチ当てて日本語化してました。

Excelダブルクリックして牛丼に取り掛かって「ごちそうさま、おっ!!立ち上がった」ってのもええ思い出です(!!??)
Posted by 遊楽庵 at 2006年01月02日 00:49
>遊楽庵さん
あけおめです。
 >Excelダブルクリックして牛丼
それが夜食だったりするのも、ええ思い出やったり? ^^;
Posted by Picaso at 2006年01月02日 00:53
草木も眠る丑三つ時でね(^^)
Posted by 遊楽庵 at 2006年01月02日 01:40
明けましておめでとうございます。
今やFDの取扱を知らない人が出てくる時代、凄い進化だと思います。う〜ん、パソコンが生鮮野菜といわれて、毎日値下がりしていた時代もありましたね。
Posted by のびぃ太 at 2006年01月02日 15:54
>のびぃ太さん
ほんとに進化スピードは速いです。
5年後にどんなPCライフがあるのか予測できないです。
 >FDの取扱を知らない人
前世代の人に言わせれば、自分らの世代も紙パンチの扱いをしらない人です、、、 ^^;
Posted by Picaso at 2006年01月03日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。