Google
 
Web このブログ

2006年02月18日

レプリカント逃亡中

1体のレプリカントが逃亡中らしいですね。
しかも、フィリップ K. ディックをモデルにした型。

いつのまに、そんな未来世界になってたんですかアメリカは?

 ◇PKD型レプリカントが逃亡 - Engadget Japanese
 
念のために説明しときますと、
レプリカントは映画ブレードランナーに出てくる人造人間/アンドロイドで、
ブレードランナーの原作である「アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」の作者が、
フィリップ K. ディックです。

逃亡というか、空輸中にロストバゲージしたレプリカント、
けっこう高性能な出来で、外見も生きたご本人によく似ております。

マニアが盗んだのか、自作自演の広告か知りませんが、
なんだかSFっぽくてワクワクしてしまいました。

そういや、ディックの作品で「ヴァリス」とか好きやったはずなんですが、
今となっては内容が全然思い出せまへん。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
フィリップ・K・ディック

by G-Tools

ブレードランナー 最終版ブレードランナー 最終版
ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー リドリー・スコット

by G-Tools

posted by Picaso at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース - 海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13431914
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。