Google
 
Web このブログ

2005年03月29日

そのファイル安全ですか?

ここで問題です。

次のうち、大切なOffcie文書を守るのに有効な手段はどれでしょう?

 (1) Accessでデータベースパスワードをかける

 (2) Wordで文書の保護機能を使う

 (3) Excelで書き込みパスワードを設定する

正解は、
なし」です。

どれも手軽に設定でき、それなりに効果がありそうでが、
上記はすべて、セキュリティ面では役に立ちません

セキュリティ強化ではなく、グループ作業の有効化を目的とした Office 機能の概要

↑のMSKBにはハッキリとこう書かれています。
たとえば、書き込みパスワード機能は、文書やファイルのセキュリティ強化ではなく、グループ作業の有効化を目的として設計された機能です。悪意のあるユーザーがこの機能を回避した場合でも、機能は意図されたとおりに動作していることになります。これは、この機能が悪意のあるユーザーから文書やファイルを保護するようには設計されていないためです。

驚きですね。
Accessのデータベースパスワードは、メニューバー-[ツール]-[セキュリティ]から設定しますが、
セキュリティ機能では無いそうです。

Officeアプリケーションのパスワードが強固でない事は以前から知られていて、
その気になって方法を探せば、誰でもパスワード破れてしまいます。

本当に大事なファイルは、
 暗号化をする
 権限ある人しかアクセスできない場所に置く
 Office2003なら IRM を使う
などして、守ってあげましょう。

もういくつ寝ると、個人情報保護法が施行されます。

昔は個人の情報なんて、なんの価値もなかったのに、
せちがらい世の中ですね。。。
このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ
posted by Picaso at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2662101
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。