Google
 
Web このブログ

2005年05月24日

マイクロソフトを装うウィルスメール

WindowsUpdateをしましょう。セキュリティパッチを適用しましょう。
どこでも提示されているセキュリティ対策の基本です。

しかし、ある日突然、マイクロソフトからセキュリティパッチに関するメールが届いたら。。
それは危険なメールかもしれません。

マイクロソフトからのWindows XP SP2に関するお知らせを装ったウィルスが発生しています。

 ◇日本語によるWindows XP SP2のお知らせを装ったウイルス「TROJ_VIPERIK.A」
 
トレンドマイクロの情報によると、
危険度感染力は「」だが、ダメージは「」。

感染すると、Outlookから「mailto:2ch___NULLPO」宛に大量のメールを送信してしまいます。

偽メールの詳細は、
差出人: Microsoft.ServicePack.Team. <ID番号>

件名: ※WindowsSPについての重要なお知らせ

メール本文:
Windowsユーザー各位 Windowsは継続的にソフトウェアの向上に努めており、その取り組みの一環として、プログラムの更新や、既知の問題に対する修正プログラムを開発し、ユーザーに公開しています。また、これらの修正プログラムを定期的に 1 つにまとめて、コンピュータにインストールできるパッケージとして提供しています。このようなパッケージを Service Pack と呼んでいます。 "Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載" には、革新的なセキュリティ強化機能と最新のセキュリティ更新プロラムが含まれています。より強固なセキュリティ環境を確立し、PC をコンピュータウイルスやハッカーなどから守るために役立つ機能を提供します。
WindowsSP」って何やねん、と分かる人は突っ込めますが、
普段セキュリティを意識してない人には、判断むずかしいんでしょうか。。。

少し前には、海外で偽者のMS月例パッチが出回ってました。

 ◇ITmedia エンタープライズ:ウイルス付きの「偽MS月例パッチ」出回る

今後、日本でもこの手のソーシャルエンジニアリングを利用したウィルスは増えていくと思われますんで、注意しておきましょう。

MSを騙るメールについては、見分け方の案内が出ていますので、ご参考に。

 ◇マイクロソフトのセキュリティに関連するメッセージが本物であるかどうか確認する方法

このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ
posted by Picaso at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(3) | Microsoft *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


またウイルスかw
Excerpt: カカクコムが収まったと思ったら新手の登場らしい。
Weblog: 愚痴@WebryBlog
Tracked: 2005-05-24 08:19

日本語その2
Excerpt: 日本語によるWindows XP SP2のお知らせを装ったウイルス「TROJ_VIPERIK.A」 - INTERNET Watch 今度のはかなりまともな日本語ですな(苦笑) MSのニューズ..
Weblog: Kyan's BLOG II
Tracked: 2005-05-24 11:30

日本語でのWindows XP SP2のお知らせを装ったウイルス発生!!
Excerpt:  こいつはイヤなウイルスですねぇ!感染力は「低」でもダメージ度は「高」を超えて「最悪」かも知れない(´-ω-`)
Weblog: お調子者のつぶやき in seesaa
Tracked: 2005-05-24 18:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。