Google
 
Web このブログ

2005年06月02日

ゲームのプラス面研究

ゲームが与える影響などについて、研究されてるらしい、東京大学馬場教授へのインタビュー。

今まで、マイナス面の研究が多かったのに対して、プラス要素にスポットを当てている姿勢が好印象です。

 ◇ITmedia Games:ボクらは「桃鉄」で日本地理を、「信長の野望」や「三国志」で歴史を学んだ

 ◇ITmedia Games:ゲーム脳、言われているのは日本だけ
 
たとえば、「エンターテインメント以外の目的で作られたゲーム」と定義されるシリアスゲームの概念。
教育目的や医療用リハビリというのは、すんなり思いつくが、
太鼓の達人」や「桃太郎電鉄」も範疇となるらしいです。

18禁になったGTAについても、「人の命の尊さを学べる」効果、あるいは逆効果になるか
客観的に科学的に測定しようとスタンスはご立派だと思います。

他にも内容はもりだくさんで、ゲーム脳理論でいったら、羽生名人までゲーム脳になってしまうと、
言い切ってくれてるのは、うれしかったですね。 ^^;

こういった研究が進んで、その上でレーティングが決まるなら、まだ納得もいくというもんですね。
がんばってください。w

B0007CVYZQ太鼓の達人 TAIKO DRUM MASTER※タタコン同梱版

by G-Tools

B00030GM9U桃太郎電鉄 USA

by G-Tools



posted by Picaso at 00:52 | Comment(8) | TrackBack(2) | ゲーム
この記事へのコメント
>羽生名人までゲーム脳になってしまう
確かに。この人の指摘ってイメージしやすい具体例なのでわかりやすいですよね
Posted by roppa at 2005年06月02日 12:04
うちでは今、Nintendo DSx2台を計画中。
友人夫婦が「脳を鍛える大人のDSトレーニング」にハマってて。
脳年齢が計れて、日々の努力で下げられるらしいです(笑)。
http://www.nintendo.co.jp/ds/andj/

あと、6月30日には「やわらかあたま塾」が。
有名私立幼稚園児が解く問題がウリというより、これなら
子供と楽しめるかなぁと。どちらも通信で競争できるし。
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0505/30/news023.html

これらのゲームについて馬場教授のコメント欲しかったなぁ〜
今日は無理だから、明日、うちでもネタにするかなぁ(笑)。
Posted by tanukur at 2005年06月02日 12:45
コメントどうもです。

>roppaさん
わかりやすいゲーム研究ですよね。
こういう論拠をもって規制されたら、(自分みたいな)感情的な批判も少ないかも。

>tanukurさん
DS面白そうです。
が、うちは家族会議で「ペン失くすに決まってるから」の理由で購入却下となりました。
Posted by Picaso at 2005年06月02日 21:49
トラックバックありがとうございます(^o^)

ゲームが悪いものだと言う風潮が少なからずあると思います。
世間的にもっとより良い方向で認知されるようになればいいですね。
Posted by TOPE at 2005年06月04日 09:41
>TOPEさん
はじめまして。
自分らが子供のころは、ゲームセンターは不良が行くとこで、
ゲームするのは悪い子って括りでしたね。
今は、だいぶゲームの良さも認識されてきましたけど、
昔の風潮のままのオトナも多いみたいです。
Posted by Picaso at 2005年06月04日 12:55
TBありがとうございます。
「もじぴったん」はすごく難しいですけど、知らない言葉を覚えれてオススメです♪
Posted by 藍旋 at 2005年06月05日 02:44
>藍旋さん
コメントどうもです。
もじぴったん、自分も好きです。
なかなかカルタ集まらないんですけど。
息子もひらがな覚える前にプレイしてましたね。
もちろん、字読めないから、文字総当りではめ込んでいってました。w
Posted by Picaso at 2005年06月05日 02:49
最近(8月)、「テレビゲーム解釈論序説」というゲームの学術書が出て、
アカデミックな世界で評価されてますね。
何よりも、この本がこれまでのゲーム悪影響論に疑問符をつきつけている本
であり、それをアカデミズムが高く評価している点が注目されると思いました。
ゲーム脳に傾きかけたアカデミズムの風向きが、この本でまた変わってきて
いて本当に興味深いです。
何よりも、この本が読んでいてすごく面白いのがいいですけど!
テレビゲームという問題、事象は、現代社会において重要なことは
間違いないわけですから、ゲーム好きだけでなく、全てのオトナたちは
絶対この本を読んでみるべきだと私は思いました。
Posted by サンカイ at 2005年08月21日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「シリアスゲーム」とは何か?
Excerpt: ITmediaが良いインタビュー載せてますね。 東京大学大学院情報学環教授 馬場章氏インタビュー ・ボクらは「桃鉄」で日本地理を、「信長の野望」や「三国志」で歴史を学んだ(ITmedia) ・ゲーム脳..
Weblog: SKY WATCH
Tracked: 2005-06-03 20:06

ゲーム脳って言う人へのカウンターパンチ!
Excerpt: さて、ゲーム好きな私に朗報?  ゲーム脳、言われているのは日本だけ  http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0506/01/news033.html  ボ..
Weblog: The Wind Of Blessing
Tracked: 2005-06-05 02:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。