Google
 
Web このブログ

2005年09月26日

ブログでの著作物の扱い

日経パソコンで掲載されていた、こちらの記事。
 ◇あなたは訴えられるかもしれない……ネットに散らばる“お宝素材”、勝手に使うと「法律違反」?

ネットとくにブログで、画像やニュース記事を不用意に使うと、著作権に触れますよという警鐘記事なのですが、
ここには、本の表紙画像も、ニュース記事の引用も、映画のレビューNG(の可能性あり)
、と記されており、正直きびしいーなぁと感じていました。

ここまで言い切ってしまったら、現在の大半のブログの有り様を否定しているようも思えて、もやもやしてたんですが、
絵文録ことのはさんが心強い反論を書いてくださってました。

 ◇ネットの著作権:著作物を適切に使う方法(日経パソコン記事への異論) [絵文録ことのは]2005/09/25
 
絵文録ことのはさんの論では、
 本の表紙画像、勝手に載せても大丈夫? OK
 Webサイトに掲載されているニュース記事は流用できる? OK
 最新映画のあらすじをブログで公開した OK
 好きな曲の歌詞をブログに載せた 
 芸能人の画像をホームページに掲載した NG
、と納得できる仕分けになっています。

少なくとも、自分のブログでは、絵文録ことのはのさんと同じスタンスで書いてきたつもりなんで。
(僭越ながら)

ひとつ気になるのは、他サイトの著作権上やばいんでは?と思われる記事/ネタを紹介する時。
(2つまえのエントリですかうとかw)

著作権違反物を広めることに加担してるかと思いながらもグレーゾーン。
でも、おもしろいから書いてしまう、、、、

自分の書く内容の自省も含めて、一度おちついて考えたようかなと思います。
posted by Picaso at 00:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | ブログ
この記事へのコメント
普通に番組感想などでキャプ画像のある私のブログはダメですね(苦笑
ニュース記事引用なんかざらですし。怖いモノです。
Posted by 東風 at 2005年09月26日 09:27
>東風さん
著作権侵害は親告罪ですから、よほど悪質でない限り、大事にはならないと思います。
感想や画像キャプを元に、オリジナルの興味を持つ人が増えるんなら、大目に見てもらえるんじゃないかと、勝手に思ったり、、、
コミケなんか大目にみられて、市場拡大に貢献してる良い例ですよね。
自分が著作物とのライン気にするのは、小心者なんで迷惑だと言われるおそれがあるなら、迷惑にならんようにしよか、という気持ちです。
Posted by Picaso at 2005年09月26日 21:53
私も以前は記事引用とかしてたのですが、念の為引用先にお伺いメールを出したらNGだったので、現在のような、自分で要約して「情報提供はここから」みたいな形にしてOKをもらいました。
特にa?ahi.comのA新聞が厳しかったです。(^^;;;
また、とある研究会で論文を書く際に日経は記事や資料の引用に厳しい(了承を取り辛い)のでなるべく避けるよう、事務局にいわれた覚えがありますので、日経は避けてます。(^^;;;
Posted by ぬるいSE at 2005年09月27日 03:07
念のため、確認が取れるところはお伺いを立てた方がよさそうですね。
扱っているジャンルの関係上、ソースを求められる事が多いのでどうしても
証拠写真や画像を提供しなくちゃ記事の信頼性が薄れる場合もありますからね。

>ぬるいSEさん
a?ahiとか日経は避けた方が良いのですね。気をつけておきます。
日経は確かにその辺りが厳しそうなイメージがありますね。
Posted by 東風 at 2005年09月27日 09:22
こんにちは、コメントどうもです。
>ぬるいSEさん
ブログに記事引用が少ないと思ってたんですが、配慮して書かれてたんですね。
ただ記事リンクだとリンク先が固定URLでないと、使いづらいです。
 >引用先にお伺いメールを出したらNG
だそうですが、asahiと日経について、著作権に関する記述を確認すると、
両社とも正当な範囲の引用はOKと読めるんですが。
「正当」の判断を都度あちらに問い合わせて、という事になるんでしょうか? (・ω・;

asahi.com : 著作権について - 朝日新聞社から
http://www.asahi.com/policy/copyright.html
Nikkei Net:引用
http://www.nikkei.co.jp/help/copy_inyou.html

>東風さん
たしかにソースの明示は大切ですよね。
ソース不明の記事は信頼性がいまひとつ。
まるまる元ソースだけコピペなブログもあったりしますが、、

引用の問題は気をつけたいと思いますが、
神経質になりすぎると、記事が書けなくなってしまうかもしれません。
Posted by Picaso at 2005年09月27日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。