Google
 
Web このブログ

2005年09月30日

カナの小文字を大文字にする関数

MSACCESS
カナの小文字を大文字に変換する関数 pfKanaUpper ( )

文字列中の「ッ、ャ、」などのカナの小文字を大文字の「ツ、ヤ」に変換した結果を返す汎用関数です。
カタカナ、ひらがな、全角、半角にかかわらず、文字列中に発見された小文字はすべて大文字に変換されます。

対象となる小文字は以下の通り、、、
・全角カタカナ
  「ァ」「ィ」「ゥ」「ェ」「ォ」「ッ」「ャ」「ュ」「ョ」「ヮ」「ヵ」「ヶ」
・全角ひらがな
  「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ゎ」
・半角カタカナ
  「ァ」「ィ」「ゥ」「ェ」「ォ」「ッ」「ャ」「ュ」「ョ」

 
pfKanaUpper ( pStr )
Input
pStr (必須)変換対象の文字列を指定します
Output
なし
Return
変換された結果の文字列を返します
-------------- サンプルコード --------------
Public Function pfKanaUpper(pStr As String) As String

Dim ii As Long
Dim tmpChr As String
Dim cnvStr As String
Dim tmpCode As Integer

tmpChr = ""
cnvStr = ""

For ii = 1 To Len(pStr)

tmpChr = Mid(pStr, ii, 1)
tmpCode = Asc(tmpChr)
Select Case tmpCode

'全角カタカナ
Case -31936, -31934, -31932, -31930, -31928, -31902, -31869, -31867, -31865, -31858
tmpChr = Chr(tmpCode + 1)

'全角ひらがな
Case -32097, -32095, -32093, -32091, -32089, -32063, -32031, -32029, -32027, -32020
tmpChr = Chr(tmpCode + 1)

'半角カタカナ(ア〜オ)
Case 167 To 171
tmpChr = Chr(tmpCode + 10)

'半角カタカナ(ツ)
Case 175
tmpChr = Chr(tmpCode + 19)

'半角カタカナ(ヤ、ユ、ヨ)
Case 172 To 174
tmpChr = Chr(tmpCode + 40)

'カ
Case -31851
tmpChr = "カ"

'ケ
Case -31850
tmpChr = "ケ"

Case Else

End Select

cnvStr = cnvStr & tmpChr

Next ii

pfKanaUpper = cnvStr

End Function

大文字のカナで統一しないといけないシステム(銀行系とか)で利用してください。


このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ



posted by Picaso at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | MS Access - Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。