Google
 
Web このブログ

2005年10月31日

韓国にWindowsが無かったら

マイクロソフト韓国の公正取引委員会 (KFTC) と争ってるようです。
MS側が「場合によっては、韓国市場から撤退するかも」とか示唆してるようで、
ちょっと穏やかじゃないですね。

 ◇Japan.internet.com - Microsoft、韓国規制当局の判断次第で同国から撤退の可能性を示唆
 ◇ITmedia エンタープライズ:裁定次第では「韓国からWindows引き上げ」とMS
 
KFTCが、インスタントメッセンジャーやメディアプレーヤーをOSにバンドルしないように命じたら、
Windowsが韓国市場から撤退する可能性があると、言うことらしいです。
脅迫めいた書き方の記事もありますが、実際にはどうなんでしょうね。

反マイクロソフト派ユーザーは喜ぶかもしれませんが、いきなりWindowsが無くなると、困りますよ、、、

仮に韓国から撤退するとしてですね、その場合は販売停止?
まさか回収てことはありえませんが、今後のサポートは期待できないと思われます。

すると、Windowsから乗り換えられず使い続けるユーザーが、
最新のセキュリティパッチを適用できず、危険なまで放置、、、、
韓国は世界有数のインターネット大国ですから、国全体が大きなセキュリティホールになってしまう。。。。

あらら、日本も他人事じゃないんでは?

==11/14追記==
3000万ドル支払って和解したみたいで、、、

 ◇ITmediaニュース:MSと韓国ポータル企業、3000万ドルの支払いで和解



このネタが役に立ったらポチッとな→人気blogランキングへ
posted by Picaso at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース - IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。